お知らせ
 
重要  

【2016.6.1】

「中西重思・遺児育英基金」終了のお知らせ

中西重思・遺児育英基金は、平成28年3月末(4月末まで申請受付、5月末までに給付完了)をもって、遺児育英資金の給付事業を終了しました。平成12年10月の制度創設以来、669件、1,125人の遺児に、3億7,100万円の育英資金を給付しました。

   

 

【2016.4.21】

地震についてのお見舞い

 熊本県及び大分県を震源とする地震により被災された皆さま、そのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧・復興を祈念いたします。

                  公益財団法人 通信文化協会
                          会 長 田尻嗣夫
                          理事長 團 宏明

   

 

【2016.4.8】

「心とからだの健康知識」が1冊の本になりました

 会報『通信文化』に平成27年4月号から1年間にわたって掲載され、読者の皆様から関心の高かったシリーズ「心とからだの健康知識」12回分が1冊の本になりました。このシリーズは、精神疾患の中から「躁うつ病」「統合失調症」等を取り上げ、東京逓信病院精神科部長の亀山知道先生が症状や対処法などをわかりやすく解説したもの。
 B5判で24ページ。定価は1冊150円(会員は100円)です。ご希望の方は次の要領でお申込みください。

   

 

【2016.4.7】

企画展「簡易生命保険誕生100年記念・扇面原画展−竹内栖鳳から東山魁夷、平山郁夫まで−」

郵政博物館では、平成28年4月9日(土)から6月26日(日)まで 企画展「簡易生命保険誕生100年記念・扇面原画展−竹内栖鳳から東山魁夷、平山郁夫まで−」を開催します。また、多くの関連イベントも開催します。

   
告知  

【2016.2.23】

「ラジオ体操の効果を考える講演会」開催のお知らせ

一般財団法人簡易保険加入者協会、公益財団法人通信文化協会主催で、平成28年4月26日(火)に、深川江戸資料館小劇場(同資料館2F)において、神奈川県立保健福祉大学前教授 渡部鐐二氏、NPO全国ラジオ体操連盟指導委員 小野梨沙氏、落語立川流真打 立川志遊氏を迎え、講演会を開催します。

   
一覧へ